Download

最新版のダウンロード


※「本体のみ(上書きアップデート用)」はアップデート専用のため単体では起動できません。
 詳しくは、下記「旧バージョンからのアップデート方法」をご覧ください。

※内部エラー38が発生する場合は、Visual C++ 2019 ランタイム(こちら)をインストールしてから再度お試しください。

追加楽曲の入れ方

  • 非公式パッケージをダウンロード
    1. 各パッケージのダウンロードページから、楽曲データをダウンロードすることができます。
      非公式パッケージ一覧(※外部サイト)
    2. ダウンロードした圧縮ファイルを解凍し、パッケージのフォルダをsongsフォルダ内に入れてください。
  • INPUT GATEからダウンロード
    1. ゲームを起動し、タイトル画面から「INPUT GATE」を選択します。
    2. BTボタン(S/D/K/Lキー)でダウンロードしたい楽曲にチェックを入れ、スタートボタン(Enterキー)でダウンロードします。
    3. もしくはダウンロードに時間がかかる場合、以下のリンクから一括ダウンロードすることができます。zipファイルを解凍し、songsフォルダ内のK-Shoot MANIAフォルダに上書きして下さい。
      全曲一括ダウンロード(2016/09/24時点)

更新履歴

 2020/06/29 v1.71a   【K-Shoot MANIA】   ・選曲画面でCtrl+Oキーを押すと、選択中の譜面ファイルのディレクトリをエクスプローラで開くことができる機能を追加   ・選曲画面でのCtrlキーのショートカットと同じキーにLASERのキーが設定されている場合に、前後の譜面に対してCtrl    キーでのショートカット操作が行われる問題を修正   ・環境によってゲーム起動時にディレクトリの読み込みに失敗した旨のエラーが出ることがある問題を修正   【K-Shoot Editor】   ・ファイル指定されたキー音を使用している譜面を開いた場合に"Cannot open sound"エラーが表示されてキー音が鳴らない    場合がある不具合を修正   ・v1.60より前のバージョンで作成された譜面を開いた際、ロングFXオブジェクトのエフェクトの種類が初期化された状態で    開かれる不具合を修正   ・その他の細かな点を修正  2020/06/29 v1.71   【K-Shoot MANIA】   ・直角LASERの効果音のうち、同じ種類の効果音の最大同時発音数を1に変更(v1.71以降で作成された譜面にのみ適用)   ・チップFXの効果音のうち、同じ種類の効果音の最大同時発音数を1に変更(v1.71以降で作成された譜面にのみ適用)   ・選曲画面でCtrl+Cキーを押すと、選択中の譜面/コースのsongsディレクトリからの相対パスをコピーできる機能を追加   ・選曲画面でCtrl+Eキーを押すと、選択中の譜面ファイルをエディタで開くことができる機能を追加   ・選曲画面でCtrl+Iキーを押すと、選択中の譜面のインターネットランキングページを開くことができる機能を追加   ・お気に入りフォルダの譜面一覧ファイル(.fav)にkshファイルのパスを指定することで、曲単位ではなく譜面単位で指定    できる機能を追加(これを使用するには、favファイルをテキスト編集する必要があります)   ・半回転エフェクトにおいて一瞬レーン角度が乱れることがある問題を修正   ・選曲画面とプレイ画面で曲の音量が異なる問題を修正   ・MIRRORやRANDOMでLASERオブジェクトが反転した場合に、数値指定の傾き・レーンの左右移動(zoom_side)が反転しない    問題を修正   ・環境依存文字が含まれるフォルダ名で読み込みに失敗した場合に、どのフォルダの読み込みに失敗したかをメッセージ    表示するように   ・conf.iniに「cache=2」と記述することで、ファイルの変更があった場合でも選曲画面リストの再読み込みをしないように    する機能を追加    (この機能を使用することで、「cache=1」を指定した場合でも選曲画面の読み込みに時間がかかることがある問題を完全     に解決することができます。ただし、譜面に変更があった場合でも選曲画面が更新されなくなるため、譜面パッケージの     配布時など、他の人に配布するファイルには混乱を避けるために「cache=2」は指定しないようご注意ください。)   ・ハイスピード設定が著しく遅い場合にレーンの傾きを小さくする仕様を廃止   ・F11キーによるオートプレイ時にも判定タイミング調整が一部表示に影響していた問題を修正   ・config.iniに譜面の表示上のタイミングのみをミリ秒単位で変更するパラメータ"visual_offset"を追加    ("visual_offset"の値を上げることで、"inputdelay"と"soundfx_delay"の値を上げ、"globaloffset"の値を下げた場合と     同じ効果が得られます。基本的に表示タイミングのみが変化しますが、極端に大きな値に設定すると効果音のタイミング     と判定に影響が生じます。)   【K-Shoot Editor】   ・選択中のLASERオブジェクトの色を反転する機能を追加   ・ゲーム本体と音声エフェクトのタイミングにずれがあった問題を修正   ・ユーザー定義エフェクトを含む譜面をプレビュー再生する際、曲の音声ファイルが存在しない場合に内部エラーが発生    する不具合を修正   ・譜面に関する設定(詳細)に「KSH譜面フォーマットのバージョン」の設定項目を追加    (v1.60以降のバージョンのみ指定できます)   ・wav形式以外の音声ファイルが指定されたチップFXオブジェクトの効果音を変更する際、デフォルトの選択項目が「clap」    となる不具合を修正   ・レーンの左右移動(zoom_side)のラベル表示(「S:~」)が他の表示と重なる不具合を修正  2020/03/01 v1.70a   【K-Shoot MANIA】   ・インターネットランキング機能の使用時、接続のたびにログイン画面が表示される不具合を修正   ・レーン傾きの推移が滑らかになるよう変更   ・レーン傾きの大きさを変更    (NORMAL:12度→10度、BIGGER:18度→17.5度、BIGGEST:24度→25度)   ・長めの回転エフェクトにおいて角度変化が滑らかに反映されるよう修正   ・半回転エフェクトの角度を小さめに変更   ・プレイ中のスコア表示に値の推移アニメーションを追加   ・config.iniを手動修正して画面サイズを変更した際、プレイ開始時に内部エラーが発生する問題を修正   ・その他の細かな点を修正   【K-Shoot Editor】   ・注釈の挿入ダイアログにおいてキャンセルボタンがOKボタンと同様の挙動をする不具合を修正   ・その他の細かな点を修正  2019/02/24 v1.70   【K-Shoot MANIA】   ・インターネットランキング機能を実装   ・判定タイミングが環境によって異なる問題を改善   ・レーン傾きの推移のしかたを変更   ・レーン傾きの大きさを変更    (NORMAL:14度→12度、BIGGER:21度→18度、BIGGEST:28度→24度)   ・kshファイル内に「center_split=100」などと書くと、レーンが中央で分かれる機能を追加    (値は100上がるにつれて1レーン分開きます)   ・その他の細かな点を修正   【K-Shoot Editor】   ・レーンの左右移動(zoom_side)を編集可能に   ・その他の細かな点を修正  2019/09/01 v1.68c   【K-Shoot MANIA】   ・リザルト画面でFX-Lボタンを押すことで、ショート判定(チップオブジェクトおよび直角LASER)、ロング判定(ロングオブ    ジェクトおよびLASERオブジェクト)のそれぞれに対するCRITICAL/NEAR/ERRORのコンボ数の内訳を表示する機能を追加   ・リザルト画面でFX-Rボタンを押すことで、ゲージの上昇・下降量の合計値(GAIN)を表示するように   ・リザルト画面でFX-Rボタンを押すことで表示されるTOTAL値について、全てのゲージでノーマルゲージのものが表示され    ていた問題を修正   【K-Shoot Editor】   ・先頭の傾きエフェクトが手動指定のものである譜面ファイルを開くと内部エラーが発生する不具合を修正  2019/01/03 v1.68b   【K-Shoot MANIA】   ・画面サイズが1920x1080以上の場合に2回目以降の起動でロングオブジェクトの判定グラフィックが一部白い四角で表示    される不具合を修正   ・お気に入りフォルダを開くと「hoge」と書かれたダイアログボックスが表示される問題を修正  2019/01/02 v1.68a   【K-Shoot MANIA】   ・起動時間を大幅に短縮   ・v1.66c以前のエディタで作成された譜面について、レーンズーム(上部)の挙動をv1.67以前のバージョンでの挙動にする    よう修正   ・背景アニメーションがファイル名指定されている場合に読み込まれず背景アニメーションが無条件に「矢印(arrow)」に    なってしまう不具合を修正   ・エディタからのテストプレイが初回起動だった場合にプレイ画面上で数字やゲージなどのグラフィックが正常に表示され    ない不具合を修正   【K-Shoot Editor】   ・効果音がファイル名で指定されたチップオブジェクトの効果音を変更する際、異なる効果音がデフォルトで選択されて    しまっていた問題を修正  2019/01/01 v1.68   【K-Shoot MANIA】   ・レーンズーム(上部)の挙動を判定ラインを中心軸として手前側に回転するように変更   ・レーンズームの上限値・下限値を撤廃   ・レーンの傾きの数値指定で背景アニメーションも回転するように仕様を変更   ・譜面データ内にzoom_sideが含まれているとプレイ中に内部エラーが発生する不具合を修正   【K-Shoot Editor】   ・レーンの傾きエフェクトのコピー機能を追加   ・レーンの傾きエフェクトの範囲削除機能を追加   ・レーンズームの上限値・下限値を撤廃   ・効果音チップオブジェクト用の効果音「clap_punchy」の名称の綴りミスにより選択時に効果音が鳴らなかった問題を修正  2018/12/31 v1.67   【K-Shoot MANIA】   ・レーンの傾きを譜面データ内で数値指定する機能を追加   ・レーンズームの値を滑らかに反映する仕様を廃止    (v1.66c以前のエディタで保存された譜面は従来通りの仕様となります)   ・ハイスピード設定の値が著しく小さい場合にレーンの傾きを小さくする仕様を廃止   ・譜面ファイル内の「layer=」の指定記法を半角スラッシュ区切りから半角セミコロン区切りへ変更   ・選曲画面でキャッシュ使用時にAllフォルダ・お気に入りが開けなくなっていた問題を修正   【K-Shoot Editor】   ・「傾きエフェクトの種類/鉛筆ツール」の状態でCtrl+クリックすることでレーンの傾きを数値指定できる機能を追加    (半角セミコロン区切りで瞬間変化させることができます。「0;normal」などと指定すると変化の終点の値を指定した上で     通常の傾きへ遷移させることができます。)   ・レーンズーム編集中のグラフ表示が正常に表示されない問題を修正   ・ターゲットがレーンズームになっている場合にLASERオブジェクトの表示が暗くなっていなかったのを修正

旧バージョンからのアップデート方法

  1. まず、上のダウンロードリンクのうち「本体のみ(上書きアップデート用)」の方をクリックします。
    「開く」か「保存」するかを尋ねられることがあるので、「開く」を選択します。尋ねられなかった場合はダウンロードされたzipファイルを開いて下さい。

    (※画面はブラウザにより異なります)
  2. 開くと以下のような画面が表示されるので、フォルダをダブルクリックします。
  3. 以下のような画面になるので、Ctrlキーを押しながらAキーを押します(すると全てのファイルが選択されます)。選択されたものを右クリックし、「コピー」をクリックして下さい。
  4. 今まで使っていた旧バージョンのK-Shoot MANIAのフォルダを開いて下さい。開いたら何もないところで右クリックし、「貼り付け」をクリックして下さい。
  5. 以下のような画面が表示されるので、下のチェックを入れてから「はい」をクリックします。
    (Windows 10の場合は「ファイルを置き換える」をクリックして下さい。)
  6. 次に、以下のような画面が表示されるので、下のチェックを入れてから一番上の「コピーして置き換える」をクリックします。
    (Windows 10の場合、この画面は表示されません。)
  7. コピーが終わると、以下のウィンドウが自動的に消えます。消えたらアップデートは完了です。